リーフレット「光ヶ丘×SDGs」について 国連デーによせて


このたび,光ヶ丘の教育活動と国連が提唱するSDGs(持続可能な開発目標)[*]とのかかわりをまとめたリーフレット「光ヶ丘×SDGs」を制作いたしました。


光ヶ丘の普段の「学び」や「活動」が,課題山積の地球の未来を変えるという国際貢献につながっていること,また,さらにつながることができる可能性をもっていることを,「SDGsを学ぶ」「SDGsで学ぶ」「SDGsに学ぶ」という視点から表現したものです。


資料編集には,教員へのアンケートのほか,エンジェル部の生徒が文化祭展示に向けてまとめあげた50枚のポスターや,国際教養科3年生の選択授業「地域研究B」での話し合い活動の成果なども参考にしました。
SDGsの理念に掲げられている「誰一人取り残さない No one will be left behind」という共生・包摂の精神は,光ヶ丘の教育理念にも通じるものです。

[*]2015年9月25日~27日にかけて,ニューヨークの国連本部で150を超える加盟国首脳の参加のもと「国連持続可能な開発サミット」が開催され,その成果文書として「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が,国連に加盟する193ヵ国の全会一致で採択されました。
(採択に先立ち2015年9月25日には,国連サミットの場で教皇フランシスコも演説されました。)


■このリーフレットをご希望の方は,資料請求のページよりお申し込みください。

Dsc 1204


PAGE
TOP