年に1度300人以上の生徒がひとつになって
創り上げる光ヶ丘のクリスマスページェント。
天地創造からキリスト降誕までを描いた
ミュージカルは迫力満点。
2018年のテーマは
「時空をこえた新しい愛の風」。
一人ひとりが真剣に関わり合い、
素敵な舞台となりました。

みんながいるから私は輝く。
そんなページェントが私は大好きです。
実行委員長 3年J組 伊藤 愛
クリスマスページェントとは、聖書に記された天地創造からキリスト降誕までの物語をもとにつくられた光ヶ丘の伝統的なミュージカル劇です。生徒一人ひとりが自分らしくきらめく姿を毎年多くの方が観にきてくださいます。しかし、本番までの道のりは決して平坦なものではありません。毎回全力で行われる練習では、お互いに強い想いがあるからこそ仲間とぶつかってしまったり、うまくできない自分に対して悔しい思いをすることがたくさんあります。学年も部活動も違うなかで全員が一緒の方向を向いて進むことはとても難しいことですが、昨日より少しでも良いものにしよう、一歩でもいいから前に進もうと切磋琢磨しながら頑張っています。それぞれ役割は違いますが互いの努力を理解し合う大切さを学ぶことで、相手が必要としているときに手を差し伸べ、自分が苦しいときにみんなが肩を貸してくれるような素敵な関係を築くことができます。そんな関係性で舞台をつくるからこそ、みんなが一番輝いた姿で本番を迎えることができるのです。